代行返上について

 「大塚製薬厚生年金基金」は、平成16年3月26日に将来分の代行返上の認可を受け、平成17年4月1日付で 過去分の代行返上の認可を受けました。それに伴い、大塚グループ独自の企業年金制度として企業年金基金に移行し、名称を「大塚製薬企業年金基金」と変更いたしました。
 厚生年金基金が設立された昭和42年5月から平成16年2月までの期間の代行部分の給付については、今後は大塚製薬企業年金基金ではなく国から支給されますが、これは年金給付の支払い元が、大塚製薬企業年金基金から国に代わるだけであり、社員の皆さまにとって何ら不利になるわけではりません。